病気がコンプレックスになることもある治療薬で改善

medicine

適切な服用方法

他の薬との飲み合わせ

ザイロリックは、免疫抑制剤を始めとする他の薬との飲み合わせには特に気を配る必要がある薬剤です。特定の薬と合わせて服用することで副作用を強めたり、体に悪影響を与えることがあります。白血病治療薬や喘息、けいれんの薬などを服用している方の場合には、量を減らすなどの調整をしなければならないのです。最近処方の増えている抗凝血薬を飲んでいる場合にも、ザイロリックの使用は慎重に行うべきと言えます。又、ザイロリックは腎臓などの臓器に一定の負担をかけるため、腎臓や肝臓などに異常のある方の場合には、副作用にも目を配りながら使用を行うことが必要です。量を減らしたり、血液検査をまめに受けるなどの対策を講じることが大切になります。

尿路結石がある場合

尿酸値が高い場合には、尿路結石などを併発していることがあります。尿に溶け出してくる尿酸の量が多いと、時に尿路に石を形成してしまうことも珍しくないのです。ザイロリックは、尿酸値を自体を下げて症状を改善していく薬です。従って、こういった尿路結石を持っている場合にも、比較的安心して使用出来る薬と考えられます。ですが、場合によっては薬の服用中に一時的に尿に溶け出る尿酸の量が増えることもあるため、ザイロリックを使用している間は水分を十分に摂取するなど、普段の生活にも一工夫することが必要なのです。過剰摂取することで石を形成しやすいビールやコーヒー、紅茶などは適量を守り、他の飲料で十分な量の水分を吸収するようにします。